右上の親知らず抜歯


右上の親知らずを抜くか迷っておりご相談させていただきます。写真は鏡を使って上の歯の奥を映しました。

まず、私の歯の状態は以下の通りです。※親知らず抜歯のため、総合病院にいき、歯医者さんに言われたことベースにしてます。

◆下の親知らず:左右いずれも真横に生えており、いずれも近々抜歯予定。
◆左上親知らず:抜歯済。
◆右上親知らず:綺麗な状態で生えている(人口の2割レベルだそうです)ため、温存中だが、噛み合っていないため下に降りてきつつあるとのこと。(自分では気にならないが、頬側に跡があると言われました)
◆右上の親知らずの1つ前の歯が神経根の治療をしており、通常の歯より10年ほど寿命が短いと言われました。→この歯は見える面すべて銀で覆われている&銀が本来の歯のスペースより大きく治療されたようでフロスが歯肉に入りにくいです。(衛生士さん曰く)
◆学生時代矯正しており4番の歯を上下4本抜歯済。
◆割と虫歯になりやすいのでここ4~5年程は毎日通常ブラシ&タフトブラシ&糸フロスをして虫歯もならなくなってきました。

この状態で、右上の親知らずを抜くかどうか迷っています。

先生のご意見としては、右上の親知らずを温存して1つ前の歯がダメになった時にブリッジする等する方法もあるが、基本的に歯は奥からダメになっていくし、現状態から見ると、いずれ下の歯肉に陥入するようになるため抜くべきだそうです。

色々と素人目線ながら考えてみたのですが、以下の方策は検討できるものでしょうか?
◆方策①:右上親知らずの1つ前の短命の歯は、寿命を迎える前にもう抜いてしまって、今のうちに(親知らずが少し下に伸びてきてる程度のうちに)親知らずを矯正で1つ前に持ってきて通常の歯として使う。
◆方策②:右上親知らずは今まで通り温存しておいて、1つ前の歯が寿命を迎えたら矯正をする。→現在の歯のケアを継続して親知らずも長生きさせる前提です。

ちなみにこのような矯正をする場合は、マウスピース矯正や部分矯正、後ろからの矯正など、前から見えないような矯正は可能でしょうか?

長々と申し訳ありませんが、よろしくお願い申し上げます。

こんにちは、八幡山米山歯科の米山みきです。
親知らずの抜歯についてのご相談ですが、私ならばの結論になりますが、親知らずは抜歯するで良いと思います。
理由は、まず挺出してきたとなると物が詰まりやすくなり、手前の歯との清掃問題により、虫歯、歯周病が心配されます。挺出しているということは、これからも挺出は進みますので、どんどん物のつまりが出てきます。
矯正治療をして手前に持ってくるという話ですが、矯正治療されている先生ならばわかると思いますが、正直に言って手前に持ってくるには無理があります。多少手前にもってくることはできても、それは傾斜しているだけで歯の移動は難しいでしょう。親知らずを手前にもってくるくらいなら、7番の神経のない歯を大切に使う方がよいのではないでしょうか。

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。