開咬の矯正内容について




開咬、出っ歯、顎なしで
現在、矯正をしようと思い2箇所相談に行きました。
1箇所目では強く外科矯正を勧められませんでしたが
2箇所目では断然外科矯正の方がいいとの事でした。
咀嚼機能の改善と、奥歯へのダメージを減らす為ちゃんとした噛み合わせにする事
現在口を閉じるためには力を入れなくてはならず顎先に皺が寄る状態ですが
歯周病や虫歯リスクを減らす為自然に閉じれるようにする事の2点が私の治療目標です。

通常の矯正でやった場合
上手くいけば噛み合う所までは持っていけるかもしれないけど
出来ても噛み合わせがごく浅くなる可能性が高く後戻りしやすいのと
口元が引っ込み多少は口を閉じやすくはなっても
下顎が傾斜がついて後方に引っ張られるから自然に閉じる状態には恐らくならないという風に言われました。
またアンカースクリューも万能ではく、骨の状態で脱落しやすい人もいるから
実際始めてもしそうだったらもうどうにも出来ないよと言う風に言われました。

やはり私の状況で上記2点をクリアする為には外科矯正が必要でしょうか。

こんにちは、八幡山米山歯科の米山みきです。
咬口で外科手術をするか、通常矯正をするかとのご相談ですが、おっしゃる通り利点欠点はあります。
外科手術でも後戻りは多少ありますので、どちらが完璧とはいきません。
外科手術のオペを見ている側としては、外科手術は避けたい気持ちはあります。
こればかりは自分で決定するしかありませんが、普通の矯正治療でも顎間ゴムをしっかり使えば、咬口は治ります。
神奈川歯科大学の矯正は咬口をわりと得意としていると聞いております。
不安要素があるならば、いくつかご相談に行かれてはいかがでしょうか。

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。