6歳。先日第2乳臼歯が大きく欠けてしまい、慌てて観てもらったのですが、放っておくか抜歯するかのどちらかしかないと言われ、抜歯せずに帰ってきました。

6歳。先日第2乳臼歯が大きく欠けてしまい、慌てて観てもらったのですが、放っておくか抜歯するかのどちらかしかないと言われ、抜歯せずに帰ってきました。
第1大臼歯が生えてきているようなのですが、第2乳臼歯を半分ほど押している〔重なっている〕形で生えてきているように見えます。
このまま放っておくと第2乳臼歯は抜けて、第2小臼歯が生えるスペースがなくなってしまいますよね?
何か対策はないのでしょうか?
6歳で第二乳臼歯が抜歯しなければならないくらい大きな虫歯となりますと、後ろからはえる第一大臼歯へ虫歯がうつるのが心配です。
またおっしゃる通り、萌出スペース不足になる場合もございます。第一乳臼歯が丈夫であればクラウンループと言って、第一大臼歯が倒れてこないようにする器具もあります。
すでに半分重なっているとのことですが、第一大臼歯がどのように萌出してきたかをしばらく観察し、時期をみて部分矯正が必要になるかもしれません。
主治医に相談してみましょう。

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。