6歳臼歯が手前の乳歯にぶつかってしっかり生えてこない


かかりつけの小児歯科で6歳臼歯が斜めに生えて手前の乳歯に引っかかり出てこれなくなっていると言われました。隙間がなくゴムが入らなかったため画像5の矯正器具を使用して6ヶ月以内で矯正していくのを勧められました(矯正金額10万)。
別の歯医者で矯正相談をしたのですが,6歳臼歯含め奥3本でブラケットをして矯正(矯正金額5万くらい)していく方法と,保険診療内で手前の乳歯の引っかかってる部分を削りゴムをいれ経過を見ていく方法もあると言われました。
かかりつけの歯医者では,神経までいっていて溶けかかっているとのことでこのままだと手前の乳歯が取れてしまうとのことですが,通常であれば11歳くらいまで残っている乳歯とのことで,保険診療でできるは嬉しいですが削ってしまって良いものなのでしょうか?
また,矯正をする場合は画像5の器具とブラケットの矯正はどちらが望ましいでしょうか?
金額も違うだけに悩みこちらにご相談させていただきました。
お忙しい中大変恐縮ではございますが,ご回答よろしくお願いいたします。
こんにちは、八幡山米山歯科の米山みきです。
6歳臼歯が手前の乳歯にぶつかってしっかり生えてこないとのご相談ですが、やや手前に生えてきた6歳臼歯を後ろ斜めに動かして正常な位置にすることが必要です。そこで問題となるのが、手前の歯との重なりですが、手前の歯にひっかからず動いてくれるなら良いですが、多少手間の歯も動くかもしれません。
でも乳歯なので、多少早く抜けても隙間をキープしてあげれば良いだけですから、問題はないと思います。
まずかかりつけ先生の矯正器具は6歳臼歯に装置するものかと思いますが、手前の歯との食い込みが強いため、隙間ができず装置が難しいのではないかと思われます。また後ろへずらすというよりは外へ拡大する矯正器具かなと思いますが、写真は一例であってそれに似た装置を装着するのではないかなと思いますので、写真だけではわかりません。
2つ目の方法は、はじめに私がした説明と似ている気がしますが、6歳臼歯は大切な歯ですので、しっかり治したいところです。
6歳ということは年長か小1なので、小1でお子さんが治療できる子であるなら、積極的に治療をお勧めします。
まだ歯科治療が苦手な性格の子であれば、矯正器具をつけたり、奥歯を削りゴムまで入れられるかとの心配もあります。
悩みますが、何回か歯科医院に慣れて子供にしっかり治療説明した上での治療が望ましいでしょう。
米山先生
丁寧なご回答をいただきありがとうございます。
隙間がなく器具が入らず難しいというのは、
少し気になっていた点でしたので米山先生からご指摘していただき納得致しました。   

米山先生の積極的に治療を勧めるというのは歯を削りゴムをいれて様子をみる保険診療ではなく、
ブラケットでの矯正での治療ということでしょうか?

こんにちは、八幡山米山歯科の米山みきです。
矯正治療の件ですが、歯を削るのはいつでもできるので、先に削ってしまうよりは、ブラケットを装着して動かしてみて、その結果動きにくいとか手前が邪魔しているといった時に、主治医が必要に応じて削るといった処置になると思います。
先に歯を削ってうまく6歳臼歯が後ろに動いてくれるならいいですが、削った分だけ手前に動いてしまうこともありますので、注意が必要でしょう。
米山先生再度ご返信いただきありがとうございました。
米山先生から明確な説明をしていただき、子供の矯正について悩んでいたことがなくなりました。
お忙しい中、ご回答いただき本当にありがとうございました。

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。