逆性過剰歯は鼻の方に移動するとも聞きますのでやはり抜歯した方が良いのでしょうか?

13歳の娘が上顎に逆性埋伏過剰歯があると言われました。
鼻の真下辺りの深い位置にあるようで、手術をする場合全身麻酔で唇の裏からと前歯の裏を剥がして骨を削り過剰歯を探して抜く手術になると言われました。
手術によって前歯の歯根がダメージを受け歯がぐらついたり、歯茎が下がったりする可能性があると言われ迷っています。
逆性過剰歯は鼻の方に移動するとも聞きますのでやはり抜歯した方が良いのでしょうか?
こんにちは、八幡山米山歯科の米山みきです。
過剰歯があるとのご相談ですが、やはりレントゲン写真やCTで確認しないと、抜歯が必要かどうかはわかりません。
担当医に再度ご相談をし、抜歯しない場合のリスクをご相談されてください。
過剰歯によっては、他の歯の成長の邪魔をしたり、根を吸収させたり、歯並びが悪くなるなど
問題があるケースもあります。
抜歯は早いうちにできるならしておいたほうがが良いて考えています。
どちらのリスクが良いかよく相談しましょう。

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。