テトラサイクリン歯から美しい白い歯へ【ラミネートベニア】

患者様情報

お悩み テトラサイクリンで歯の色がずっと気になっていた。できることなら歯を白くしたい。
治療開始年齢 40代男性
治療期間 4週間(上顎2週間下顎2週間)
通院回数 4回
費用 上顎6万(税別)×8本
下顎6万(税別)×8本
リスク・注意点 歯への侵襲も少なくリスクの低い治療法ですが、加齢による歯ぐきの退縮で再治療になることがあります。

治療前

テトラサイクリンで歯の色がずっと気になっていた。できることなら歯を白くしたい。

治療開始

まずは上顎の麻酔を行い、歯の表面を少し削る。歯型をとり、仮歯と色を決める。
ラミネートべニアはコンタクトレンズくらい薄くできているので、どうしても元々歯が濃い色をしていると下の色を拾ってしまい、出来上がりも濃い目にできてきでしまいます。そこで、色は一番明るい色を選択します。

2週間後

およそ2週間後、ラミネートべニアができあがり歯に装着。接着剤の色も明るめを選択します。
次に下顎も上顎同様に進めます。口を開き笑った時に見えるところまでラミネートを装着しました。

 

院長がすぐ回答!

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。