審美歯科

白い被せ物にも種類があります。

奥歯はジルコニア、小臼歯などはe-max、ブリッジはジルコニアやメタルボンドなどを提供します。噛み合わせにより、ジルコニアかメタルボンドか等、相談しながら決定いたします。インレーなどはe-maxインレーがリーズナブルで、奥歯などの大きい詰め物はジルコニアインレーになる場合もあります。

歯をあまり削らないジルコニア「Z・EP」

当院では、「歯をあまり削らない」ジルコニアの治療法「Z・EP(ゼップ)」を導入しております。

より美しく
Z・EPは透明なエナメル質を再現します。それは自然感のある、白い美しい歯です。

より丈夫に
ジルコニアは従来のセラミックの10倍以上の強度があります。Z・EPは薄くて強固に歯がつき、長持ちします。

削る量が少ない
Z・EPは歯の削る量が少ないのでエナメル質を残せます。エナメル質は虫歯に対する防御力が高いのであなたの大事な歯をしっかり守ります。

※歯並びや入れる場所(前歯など)によりエナメル質を残すことが困難な場合もあります。

e-max

e-maxは、金属を使わないオールセラミッククラウンです。より自然な色あいと形を再現します。永年の使用にも変色しにくい素材で、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。

ラミネートべニア

ラミネートべニアは、安全で耐久性があり、しかも仕上がりが自然なところから、従来の歯科技術の粋を超えた理想的な治療法といえます。テトラサイクリン系の歯の変色、虫歯、欠けたり折れたりしている歯、磨耗している歯、前歯の隙間、すきっ歯やちょっとした歯並びが気になるなどの場合、歯の表面だけを削ってきれいにすることができる処置です。

Q&A

こちらの医院では最新の技術でブリッジをするにあたって歯を削る量が従来より少ないということですが、ヒューマンブリッジと比べるとどちらの方が歯を削る量は少ないですか?
ブリッジに関して、なるべく削る量を少なくするようにしておりますが、ブリッジは支える歯の方向が悪いと削る量も増えます。 ヒューマンブリッジはどのようなものかはわかりませんが、上からかぶせる物に関しては、種類に関わらず方向性により変わります。
治療途中で歯科医院を変えることは無理でしょうか。もしくは、セカンドオピニオンとして一度診ていただき、判断させていただき、それからでもお願いすることは可能でしょうか。
可能です。ご相談にいらしてください。
左下の5番が3年前歯根破折して移植をしましたが、グラグラしてしまって抜くしかなくなってしまいました。ブリッジをしたいのですが費用はおいくらになりますでしょうか?できれば4番はあまり削らない方法でお願いがしたいです。
ブリッジを入れたいとのことですが、4番はあまり削りたくないとのことならば噛み合わせと今のかぶせものの状況にもよりますが、567番と一番後ろからおこなうブリッジもあります。3本ブリッジでジルコニアならば8万5千円×3本税別 となります。

お電話やネットでお問い合わせ下さい03-3290-8148

ネット診療予約 24時間予約受付中

簡単ネット相談

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。