入れ歯・ノンクラスプデンチャー

入れ歯は手作りの芸術品

入れ歯は、オーダーメイド、つまり手作りの芸術品です。世界中の入れ歯を集めてきても、絶対にあなたの口に合わないのが入れ歯です。だから入れ歯は、ていねいに時間をかけて作ることと、センスが不可欠です。 私たちは自由診療で最高の技術を提供しています。患者さんに満足していただいている実績から「良い入れ歯」作りの技術とセンスに誇りをもっています。

入れ歯というのは歯だけの問題ではありません。ピタリと口におさまるかどうかは、あごの位置が重要なポイントになってきます。入れ歯に限らず、かみ合わせが悪いとあごの位置がずれてきます。このズレを元に戻すのが入れ歯を作るときの基本なのです。 あごの位置を正常に戻すには、治療用の義歯を作り、時間をかけて矯正していきます。これを保険診療でおこなうことは、コスト・時間の関係で、大変難しいことが多いのです。

保険診療で満足のいく入れ歯ができるのなら、患者さんにとってこんなにいいことはないのですが、それができないから自由診療が生まれてくるわけです。

保険診療と自由診療の違い

保険診療と自由診療の大きな違いは、診療にかけられる時間の差なのです。合う入れ歯を作るにはアフターケアも含めて想像以上のたいへんな時間がかかります。しかし保険診療では、その時間に限界があります。保険診療では患者さんが満足できる治療をすると歯科医院は赤字になります。時間をかけて精密調整する技術料が保険では十分に認められていないので、手間ひまかけられないのです。ですから診療工程を省略するしかないのです。安くできても本来の機能を果たすことができなければ、その入れ歯は何の価値もありません。

歯医者と患者さんがじっくり話し合い、何度も診察を繰り返し、満足のいく入れ歯を作るのは自由診療しかないというのが現実です。 それにインプラント、磁性アタッチメントなどを使った新しい入れ歯の技術も保険診療では認められておりません。ということは、新技術を使えば簡単に解消できる悩みも保険診療の範囲では無理なのです。そこで自由診療があるわけです。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、金属のバネを使用しない入れ歯です。金属を使用していないので、金属アレルギーの方でもお使いいただけます。他の歯への負担も少なくなり、体に優しいです。また、自然な色の材質で作られており、金属のバネを使用していないので、入れ歯だと分からないほど自然です。さらに薄くて軽いので、違和感のないつけ心地です。適合が良いので安定感もあり、発音も自然です。

入れ歯の費用

金属床 150,000円
ノンクラスプデンチャー 3歯迄 100,000円
4~7歯迄 120,000円
8~14歯迄 150,000円

Q&A

エステショットですが、上右6番の1本を入れるとき、前後の5番7番の歯は、‘まったく削らなくて’できるのでしょうか? 通常の保険の入歯だと針金をひっかける部分を極少し削らなくてはならないということなのでエステショットを考えているのですが。
入れ歯の場合、両隣の歯に沈み込み防止のフックを入れないと、どうしても歯茎に沈み込み痛みが出ます。エステショットも保険の入れ歯も同じです。
下前歯4本、ノンクラスプデンチャーでの入れ歯を考えていますが、装着後は日常的に付けっぱなしでいいのでしょうか。(毎日の取り外しは面倒に思えるので。)
入れ歯ですが、食事の後に食べ物がたまってしまうと思いますので、その時にゆすいでいただき、1日のうちに1回は入れ歯を洗ってください。装着して寝ていただいて構いません。
スマイルデンチャーと、エステショットブライトとはどのように違うと考えればよいでしょうか?
スマイルデンチャーをおこなったことがありませんので詳しくはわかりませんが、それほどの違いはなく、単に商品名、つまり材料を出しているメーカーの違いではないでしょうか。

簡単ネット相談

院長があなた様のお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるような、明るく優しい歯科医院にしていきたいと思います。